エンゼルハウス上空に「水平虹」が!

2009年10月16日正午ごろ(撮影:光天使)

水平虹

吉兆雲とも呼ばれている。

正式学術名は、環水平アークといい、大気中の氷粒に太陽光が屈折し、ほぼ水平な虹が見える光学現象。似たものでは、環天頂アークがあり、一般の虹の逆の円で(カーブが上を向いている)出るものがある。

光天使が見たものは、環天頂アークっぽい感じがするが、いずれにしても「水平虹」が

「エンゼル・ハウス in Nagoya」を豊国神社の近くに、スタートさせたことが、天空の光の神々が歓迎してくれているように感じた。

———————————————————————-

環水平アーク
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

環水平アーク(かんすいへいアーク、circumhorizon arc, circumhorizontal arc)とは、大気中の氷粒に、太陽光が屈折し、ほぼ水平な虹が見える光学現象である。虹などと同じ大気光象の一種で、水平弧、水平環 とも呼ばれる。日本国内では年に数十回観測される。

上空の氷の結晶の方向がほぼそろったときに、この結晶で屈折した太陽光により見える現象で、一般の虹が太陽とは反対の方向に見えるのに対し、環水平アークは太陽と同じ方向に、ほぼ水平に現れる。ただし、低空に雲があると見えない。

内暈(ないうん:いわゆる太陽に暈(かさ)がかかる現象)に似るが、結晶の中での屈折の仕方により区別される。プリズムと同じく各色の光はそれぞれ特定の方向に進むため、最小偏角に光が多く進むことにより見られる内暈よりも明瞭に色が分離する。また、内暈は太陽を中心とする完全な円なのに対し、環水平アークは天頂を中心とする円の太陽に近い側の方位角にしておよそ108°しか見えない。太陽の下約46°の位置に出現するため、太陽高度がある程度高くないと見えない。そのため、冬の間や緯度の高い地域では見ることができない。本州太平洋岸で環水平アークが見える期間は、概ね夏至を挟んだ半年の間である。彩雲と呼ばれる場合もあるが、回折により見られるいわゆる彩雲とは別の現象である。

2005年6月12日に群馬県で観測され、天文台などに不吉なことが起こる前兆ではとの問い合わせが寄せられた。

2005年7月20日10:30秋田と岩手にまたがる栗駒国定公園で観測された。栗駒山荘に写真が絵葉書として売られている。新聞にも掲載された。