瞑想やマントラの詠唱の効果の秘密

今日のブログランキングは何位かな?↓ ↓
               人気ブログランキングへ

「言葉」=「言霊」は、次元上昇しつつある人にとって、ネガテイブな存在からのプログラミングに、打ち勝つことができる最高のツールである。

そのために、日常の「話し言葉」をポジテイブな言葉使いに導くには、瞑想、マントラの詠唱で繰り返し自分の無意識に語りかけ、音として振動を与え続けることが最高のトレーニングとなる。

魔法、神秘主義、シャーマニズムの体系はほとんどが、意識には主に3つのレベルがあると考えられている。

◆超意識あるいはハイアーセルフ

◆意識あるいはミドル・セルフ

◆無意識あるいはロウアー・セルフ

超意識は「聖なるオーバーセルフ(大いなる自己)」、第10、第11、第12チャクラを含む。

意識とは、内省的で分析的なマインド、または「自我」と呼び、超意識や無意識と比べると情報処理能力が一番劣る。

無意識とは、「意識が無い状態」のことを現わすのではない。ある意味「超意識」であり、自我に比べれば、膨大な量のエネルギーや情報を処理するという点で比べものにならない。

無意識にどんなプログラミングがなされているかが、人の行動や性格の裏に潜んだ要素である。

無意識は、コンピュータのようにプログラムを実行する。私たちは、無意識にため込んだプログラムによって、自分にとっての現実を造っている。これらのプログラムが私たちの性格となり、また私たちの意識(マインド)=自我の内部構造ともなっている。

無意識のプログラムは「もの言わぬパートナー」として、私たちが気づいていようといまいと、私たちのすること、考えること、現実化することに、つい「口出し」しているのである。だからこそ、私たちがこの事実に気づき、意識と無意識の繋がりを強めるトレーニングをすることが重要なのだ。

心理学者も神秘主義者も、このトレーニングに唯一効果があると証明されているものが、「言葉の使い方」=「話し言葉」だと気付いている。また、言葉をある特定の方法で用いることによって、無意識内のプログラミングを変えることが可能な事も分かってきている。

これが、マントラの詠唱、瞑想、催眠、神経言語プログラミング(NLP)を使用する基本的な原理、つまり、「言語はすなわち現実を造る」ということである。

「不安、罪、罪悪感、恐れコンプレックス」といったネガテイブな思考パターンは、社会が植え付ける人工的なプログラミングであり、人間の創造主=神が持つ本来の性質では全くない。これらのネガテイブな不安、恐れやコンプレックスは、エネルギーブロックの原因となり、私たちそれぞれの人間を、「無限の愛」と「創造主の豊さ」から切り離してしまう。

こうしたネガテイブな考え方のパターンから抜け出すためには、まず、自分の思考をしっかりと把握し、自分がさまざまなことについて、どのように感じているかに注意深く観察し、自分の思考のどれがポジテイブで、どれがネガテイブなものかを分析することから始めると良い。

次に、ネガテイブな不安、恐怖、罪悪感、コンプレックスのプログラミングを生み出したり、更に強くされないように、意識して自分の考え方や言葉をポジテイブなものに変える(磨く)トレーニングをすることが大事である。

その為に、マントラの詠唱や瞑想は非常に有効なツールとなる秘密なのである。

 

ミネラル・ウオータースィーツ・チョコ・ケーキヒーリングCD禁煙~電子タバコ