脊柱・延髄は、肉体の制御装置

今日のブログランキングは何位かな?↓ ↓
               人気ブログランキングへ

脊柱と延髄は、私たちの肉体(三次元的な宇宙服)の主要な制御装置の役割を持つ。

1:ビンドウは延髄の上、頭頂のクラウン・チャクラのやや後方にある。つむじがあるところ。

2.「神の口」は脊柱の上端、延髄の基底部にある。

高度な瞑想は、延髄に意識を集中させる。ヨガの伝統では「イー(E)」という母音を唱えることによって「神の口」を活性化させる。「イー」という音は「のど」、の奥を振動させ、音波を直接「延髄」に送ってこのチャクラを活性化させるのである。

延髄は自律神経系を司り、無意識に行われる呼吸や心臓の鼓動など、肉体の基本的な生命維持機能を制御する。科学者たちは、自律神経系の形状が爬虫類の神経系とよく似ていることを知っている。生理学の本には、延髄を「爬虫類脳」と呼ぶものもある。

ヨガ行者や神秘主義者たちは、脊柱や延髄、そしてそれらが肉体に集中させるエネルギーが蛇上の形でとぐろを巻いていることを知っていた。

caduceus_thumb< ◆脊柱は、生命力エネルギーの経路である。ヨガにおける霊的な変容はすべて、脊柱内のエネルギーの流に依存している。

◆脊柱には生命力エネルギーの経路が3個ある。「中央神経経路」と、それに平行に走る二つの空(くう)の経路である。このうち右側のものは「ピンガラ」と呼ばれ、男性的で電気的な生命力エネルギーを脊柱に沿って下に降ろす。

◆左側の経路、「イダ」は、女性的で電磁的な生命力エネルギーである「シャクテイ・クンダリーニ」を上に送る。これら二つのエネルギーは、中央神経経路シュスシステムで絡み合って、超電導状態を作り出す。「覚醒」と呼ばれるものである。

◆ハタ・ヨガ、ストレッチ、規則的な運動を行うことで、脊柱は柔軟さを保つことができる。スピリチュアルなエネルギーは、脊柱が柔軟でなければ自由に流れることはできない。

◆呼吸法と創造的なビジュアライゼーション(視覚化)を用いることによって、脊柱のエネルギーの流、チャクラ、さまざまな目に見えないエネルギーの経路が刺激される。

これが=「光(ライト)・ボデイ・ヨガ」である。

ミネラル・ウオータースィーツ・チョコ・ケーキヒーリングCD禁煙~電子タバコ