呼吸法とルート・ロック

今日のブログランキングは何位かな?↓ ↓
               人気ブログランキングへ

呼吸法

呼吸の制御は、変容のためのヨガとヒーリングにおける必須項目です。東インドのヨガの伝統においては、呼吸法の奥義は、「プラーナヤマ(pranayama)」というサンスクリット語の言葉で呼ばれている。

「生命力を司る」あるいは「生命力を拡大する」という意味である。

人間の身体は、生命力が呼吸とともに自動的に巡回するようにできている。エネルギーがどのように呼吸に追随するかを知ることにより、私たちは身体を巡る生命力の流れを制御し、調整できるようになるのです。

身体の中を流れるエネルギーを自覚できるようになるには、エネルギーを欠くチャクラと脊柱、そして様々なエネルギーの回路に意識的に息を吹き込む練習をします。

呼吸は、「吸う」、「留める」、「吐く」、「止める」、という四つの段階から成っています。息を吸うときと吐くときは、身体の中のエネルギーの回路に意識を沿わせ、回路を覚醒させる。吸った息を留めているいる間は、生命力エネルギーは処理され、身体に統合されます。息を吐いたまま呼吸と呼吸の間に一瞬の間をおくことで、マインドはじっと動かなくなるか、あるいは身体を超えたところに投げ出されます。

ルート・ロック

ルート・ロックは、私たちが生命力エネルギーを吸収し、保持し、発散させる能力を高めてくれます。ルートというのは一番下のチャクラです。もっとも重要な生命力エネルギー(シャクテイ・クンダリーニ)は、脊柱の基部からルート・チャクラに入り、ルート・チャクラから出るときは会陰部を通るとされています。

ルート・ロックを行うには、会陰部の筋肉を少し締めるようにします。これにより、生命力エネルギーが肉体から出る際の出口とされるルート・チャクラが閉じられます。

このロックを行うと、「下の大釜」に余分にエネルギーが蓄積されます。このロックのコツは、息を吸うのと同時に会陰部を少し締めるといことです。息を吐くときには、会陰部も緩める。会陰部を緊張させすぎると不快感があるので、自分の身体の声に傾けながら行うと良い。

ルート・ロックは、呼吸法や視覚化と組み合わせると非常に強力なものになります。

1.ルート・ロックにより、「下の大釜」にエネルギーが溜まる。エネルギーはここで増幅される、あるいは「調理」されます。

2.ルート・ロックが解除されると、ポンプのように、エネルギーを脊柱に沿って押し上げる役割を果たします。その時、創造的なヴィジアライゼーション(視覚化)の力を使い、脊柱を上昇する自然なエネルギーの流れを強化し、増幅させることが大事です。

石柱内のエネルギーの経路は、瞑想によりそこに意識が集中されると、増幅されたエネルギーの流れに合わせて自動的に広くなる。ルート・ロックは、これらの経路の活性化をさらに増幅させる。こうして強まったエネルギーの流れは、不活性な脳細胞を活性化させ、霊能力を呼び覚ます。

次のマントラを同時に使えばその効果は一層強まる。

「ハム・サー(Hum Sa)」

※「ハム」というのは、光を意味する神聖な音節「フー」のひとつのバリエーションである

このマントラを行うには、息を吸い、頭の中で「ハム」という音を唱えながら、意識をブラウ・チャクラ、クラウン・チャクラ、またはビンドウに集中させる。

生命力エネルギーを上位のチャクラから招き入れ、脊柱を通して降ろしていき、「下の大釜」に入れる。息を留め、次に、息を吐きながら、エネルギーを脊柱を通って上昇させる。

このとき頭の中で「サー」と唱える。

この基礎的な教えにしたがえば、霊的な光を使う能力が活性化し、高めれるでしょう。また、ヒーリングの力を強め、エネルギーを投射してエネルギー・フィールドを作りだす能力を高めることもできます。

結果として、その副産物として、あなたの霊能力も高められるのです。

ミネラル・ウオータースィーツ・チョコ・ケーキヒーリングCD禁煙~電子タバコ