無意識をプログラミングする「話し言葉」

今日のブログランキングは何位かな?↓ ↓
               人気ブログランキングへ

神秘主義者は、自分が造りだしたい現実を映し出すように、慎重に言葉を選んで話す。

自分の言葉が自分の現実を創造したり強化もする、また、自分に制限を加えてしまう事の無いように、自分を罵ったりすることのないポジテイブな言葉使いをする大切さを知っているからだ。

私たちはひとりひとり、言葉の使い方に注意し、日常的に使う言葉も、祈りやマントラに使われる言葉と同じように、注意深く選ぶべきなのです。

現代における私たちの話し言葉のパターンは、さまざまな形でネガテイブなエネルギーを呼び起こしています。そのほとんどが、自己嫌悪的であったり、自分に対してネガテイブなイメージを持ったり、自分や家族を罵ったりするものばかりである。

「最悪」とか「ばかやろう」など・・・。こういった言葉を使う人は、自分で気づかないうちに、実は好きな人や、きちんと動いてもらわないと困るものに対しても、憎しみのこもった呪いのエネルギーを送り出している。

堕落した言葉遣いと人間の退化を示す面白い話し言葉に、若い人の一部が、「自分が気に入ったと」言うことを表現するのに「ヤバイ」という言葉を使って表現する。これは言葉が完全に歪められてしまった最たる例である。何かを素敵と思うならば、それは「ヤバ」くなどないはずである。こうした言葉の使い方は、それを話している人の思考プロセスがひどく歪んでしまっていることを証明しているようなものである。

私たちの無意識は、話し言葉によってプログラミングされ、話し言葉のパターンは無意識が実行するプログラムによってコントロールされている。私たちは、どのような話し言葉を使うか、また、どんな潜在意識的なメッセージに自らをさらしているかに、注意を払うことによって、私たちの中のプログラミングを制御することが可能だということを知っている必要がある。

 

無意識は、「話し言葉」と「思考パターン」によってプログラミングされる。

だからこそ、私たちは、マントラやインヴォケーションを詠唱したり、音による催眠や潜在意識に働きかるCDを聴いたりする。私たちはみな、ある言い回しを繰り返し言葉で言ったり聴いたりすることが、私たちの現実に影響を与える力を持っていることを信じている。

私たちが日常ごく普通に聴いている音楽もまた、私たちの現実に強力な影響を及ぼすかも知れないことに注意をはらう必要もある。各種メデイアが、私たちに届けようとしているプログラムに、細心の注意が必要だと思う。あなたは、人気アーテイストによる、ロックやポップの曲の歌詞の多くが、ネガテイブな意味で強力な言葉のプログラミングを含み、多くの場合その言葉が執拗に繰り返されていることに気付いているだろうか?

バロック音楽は、意識に特に良い影響を与えるようだ。全音階のみで演奏され、半音階は使わない。フラットやシャープは音楽の和音的な純粋さを損なうようだ。半音階を使わない音程は、非常に和音の美しい、調和のとれた音楽となって、気持ちを落ち着かせてくれる。

聴く人々が変容意識に到達するのを助けてくれる「ニューエイジ」的な素晴らしい音楽も、世の中にたくさん出ている。

>>今日も、サウンドセラピスト加藤けい子の天使の朗読で癒されてください<<