「私は在る」という存在の神秘

今日のブログランキングは何位かな?↓ ↓
               人気ブログランキングへ

年老いたインデイアン:ドン・ファンは、言語操作の秘密を知っていた。

「存在するのは意識のみである。」と言うことを・・・。

私たちが経験するのは、ただ意識のみであり、意識は「言葉(対話)」によって表現される。

ドン・ファンは、いかなる瞬間においても、重要なのはただ、意識が目撃していることのみであり、意識の目に映し出されるものはすべて言葉として存在する、ということを理解していた。

自己認識(意識)は、対話(言語)無しには成立しない。これが、「私は在る」という存在の神秘のひとつである。

「私は在る」とは意識であり、意識を有するには、対話、あるいは言語を必要とする。言語とは情報であり、情報とはエネルギーである。

神秘体験の、最も高等な形は言葉を操ることである。

言語とはマインドであり、宇宙の意識であり、現実の構図なのだ。

言葉の使い方を操ることによって、私たちは自らの現実をコントロールできる。

これは、重要な秘密である。

 

 

ミネラル・ウオータースィーツ・チョコ・ケーキヒーリングCD禁煙~電子タバコ