サウンド(音)は、光の言語が物質化した状態

今日のブログランキングは何位かな?↓ ↓
               人気ブログランキングへ

音とは=物質の動き、それは、光の言語が物質化した状態のこである。

人間のコミュニケーションに使われるような低周波の音は、長波を送り出す。この長波は、光や物質の持つ短波に対して大きな影響を与える。

ダニエル・ウィンターの研究は、DNAは、音から光への導波管として完璧であり、DNA内の情報は、音によってアクセスが可能であるあることを示している。

これは、ボイス・ヒーラーが、声によってDNAのアカシックレコードを読み解いたり、インナーチャイルドを癒したり、カルマの解消をするのに、アクセスしたりできることも理解できるようになる。

ウィンター氏の理論によれば、音はDNAの螺旋の中に圧縮波を送り、それによって電磁気の放流が起きる。これはつまり、ヘブライ語、サンスクリット語、チベット語などで、聖なる名前を詠唱すると、エネルギーの放電がおこり、そのエネルギーがDNAに刻み込まれたネガテイブなエネルギーを解消される・・・ということを意味する。

さらに、このエネルギーの放出はまた、DNA内で眠っている、高周波のエネルギーを使うパワーをコントロールする部分を活性化させることが出来るということだ。

地球は低周波の電磁波を発しており、これは人間が感じることのできる僅かの下(15ヘルツ以下)にある。これらは、定存波のグリッドを地球の表面に造りだす。パワースポットでの詠唱が生み出した音のエネルギーは、ハーモニックスの法則に従って、エネルギーを直接地球のグリッドに送り込むことが出来ることがわかっている。

ただ「OM]と唱えるだけで、非常にパワフルでヒーリングの高い効果が得られる。

「OM」とは、「愛」を意味する。「愛」=「調和」である。エジプトでは、OMは「AUM」と表記されていた。

もし、まだこの「OM」の音の詠唱をしたことがないならば、少なくとも10分間、「OM」を唱えることを試してみることをお勧めする。そうしてみると、この音の意味するところが何かをはっきりと体感し理解する初めの一歩になるだろう。

ミネラル・ウオータースィーツ・チョコ・ケーキヒーリングCD禁煙~電子タバコ