不安から信じられなくなくなるあなたへ

ニューエイジ思想を受け入れている私の友達の多くは、「スピリチャル」に生きることをいつも心がけ、そうやって生きることに大きな喜びを感じているようです。彼らは、妖精や神の霊などと話をしたり、瞑想をしたり、光と喜びをもたらしてくれるクリスタルその他の素敵な小物を集めたりしながら、日常の生活の中に、様々な豊かさを創造しているかのようです。

彼らは自身のスピリチュアルな目覚めを、彼らに光、喜び、そして楽しみをもたらしてくれるものととらえています。そしてそれは、確かにその通りのものではあります。

あなたもまた、自分のスピリチュアルな目覚めに常に心がけている一人かもしれません。そうだとしたら、質問があります。ふだんの生活の中で、物事が順調に推移していないとき、あなたはどんな気分を手にする傾向にあるでしょう。

どんなときにも自分の霊性としっかりとつながっていて、つらいことや悲しいことを体験しているときにも、それによって励まされ、勇気づけられているでしょうか?もしも失業したり、家族が破産したり、離婚を体験したり、親友や家族が亡くなったとしたら、そのときあなたはどのように振る舞うことになりそうですか?

私はこれまで、何らかの厳しい状況に直面するや、とたんに我を忘れてしまったスピリチュアル信奉者たちをたくさん見てきました。彼らは突然、あらゆることを疑い始め、「いったい私は、これまで何をしてきたんだろう。こんなもの何の役にも立たないじゃない」、などと考えるようになります。

 

とても多くの人たちが、スピリチュアル的になるということを、人生の中で「良いことばかり」が起こるようなことだと考えているようです。でも人生は、決してそのように進まないことがあります。山もあれば谷もあります。人生とは、逆境という山をいくつも登っては下りつつ学習を重ねながら、深遠な気づきという至高の峰を目指す旅なのです。そして、たとえ、その峰にたどり着いたとしても、あなたはまたもや、すぐに日常の生活に戻らなくてはなりません。

人生内のあらゆる物事がうまくいっているときであれば、幸せになることも、愛を振りまくことも、優雅に振る舞うことも、生き生きとすることもとても簡単なことです。しかし、何らかの厳しい状況に直面したりすると、なかなかそうもいきません。

でも、もしあなたが自分の霊性との接触を常に心がけ、それをライフスタイルとして受け入れたならば・・・・定期的に瞑想を行い、自分の内なるハイアーセルフとの接触をを保ち続けたならば、・・・・・そのときから、あなたは常に、そのように生きることができるようになります。そのときあなたは、人生が突然困難なものに変わったときに、必要となる内なる強さを、いつでも手にできる状態にあります。

 ある人たちは、信仰こそが、困難な状況に立ち向かうための強さの、一番の源だと考えているようです。でも私はそうは思いません。私たち人間のすべてが、この惑星を創造し支えている神のパワーの一部なのです。私たちに強さをもたらしているくれるのは、信仰などではなく、常に活動を続けるそのパワーとつながる「私たちの能力」に他なりません。

旧来の宗教の多くは、特定の規則を押しつけることで、人々を彼らの「外側」に存在する神、神々、女神たちに対する信仰へと導いてきました。でも、あなたを常に導いてくれる「光」である宇宙のワンネス、生命力の源は、あなたの「内側」にあります。

その光があなたの内側に常に存在しているということは、あなたには、自分を導いてくれる信仰その他の信念システムを追い求める必要など一つもない、ということに他なりません。失業したり、親族が亡くなったりしたとき、それらがなぜ起こったのか、そして今後どうしたらいいのかよいったことを、すぐに知ることができるのです。あなたが人生の中で必要とする答えは、そのすべてがあなたの「内側」にあるのです。

内なる自己(魂)とハイアーセルフ(高次の自己)とのつながり方の方法を磨くことで、誰でもひとりで答えを受けとれるようになります。そのときあなたは、自分の進むべき道を「見る」ことができるようになります。そしてそれゆえに、たとえ自分に何が起ころうと、それが起こった理由を常に知ることができるようになるのです。

これを可能とするのは、本でもなければ、聖書でもなく、宗教的な規則でもなく、伝統的な信念システムでもありません。自分自身の内側に目をやり、内なる「神聖な光」を発見する能力を磨くこと。それがすべてを可能にするのです。やがてあなたは、その「光」をさらに、より高次のより平和に満ちた気づきに到達するためにも用いられるようになるのです。