2012年のアセンションを軽やかに迎える

2012年、本当に人類はそして地球はアセンション(次元上昇)を果たすのでしょうか?
2012セドナ

確かなことを知っている人は全世界の中にも知っている人は、一人もいないのではないでしょうか。ノストラダムスの大予言や西暦2000年問題のときのように、今度もまた何も起こるはずがないと思う人も多いのではないかと思います。

ただ、アセンションについて多く語られている諸説の多くに共通しているのは、それがノストラダムスの予言のように悲観的な終末論ではなく、人間の魂レベルの次元上昇が起こるか起こらないかはつまり「私たちの自由意思次第(私たち次第)」なのだ、という点です。

十分な数の人が(臨界点に達する)がアセンションを信じれば次元上昇が可能なのだと考えるならば、私たちは「アセンション(次元上昇)」が起こるかもしれないと期待しても良いのではないかと・・・私は思います。

そこで「エンゼルハウス in Nagoya」では、アセンション(次元上昇)とは?何かを学び、アセンションが起こったときに、私たちがすんなりと軽やかに次元上昇を迎えるための準備(トレーニング)を用意し、皆様に提供していきます。

私たちがとらえているアセンション(次元上昇)とは・・・?

<<アセンションとは外宇宙の歪みから、私たちが救い出されるプロセスのこと>>

物質的存在が投げかける難問(環境破壊や戦争、人口問題など地球規模で起きている様々な解決不能な問題)を克服するということです。言葉をスピリチュアル的に言い換えると「堕ちた光の主による呪文から人類が解放される」つまり、アセンションは人類を、第三次元つまり堕ちた光の領域(物質主義の世界)を超えた、第四の次元、第五の次元の領域へ、そしてさらにその先へと導くのです。

魂と肉体が一つに解け合うとき、魂の乗り物(肉体)は変容します。それはもはや「堕ちた物質」ではなくなり、宇宙の神聖なエネルギーによって浄められるのです。私たちがいったん、宇宙全体に根を張る「生命の木」と自分を結びつけると、私たちは、天界の最も高いところまで伸びるその木の枝に引き込まれていくことができるのです。

ミネラル・ウオータースィーツ・チョコ・ケーキヒーリングCD禁煙~電子タバコ