ハイアーセルフ(高次の自己)との出会い

 あなたはこれまで、誰かに「ハイアーセルフ」との接触を勧められたことがあるでしょうか?

 精神世界の講演会や集会などに行くと、必ず誰かが「あなたは、自分を導いてくれる存在たちと接触すべきです」といったようなことを言ってきまます。でも、どんなあなたには、あなた自身のハイアーセルフがいます。それがあなたを、いつでも、どんな時でも導いてくれるのです。

あなたのハイアーセルフは、あなたが知りたいと思うあらゆることに対する答えを持っています。それは、あなたが今の人生で、今の肉体とともに、何をするために生きているのかまで明確に知っているのです。

あなたのハイアーセルフは、あなたの「エネルギー自己」と言いあらわされます。あなたは、朝目覚めたとき、エネルギーに満ちているか、そうでないかのどちらかです。そして、もしエネルギーに満ちているとしたら、あなたはすっきりと目覚め、新しい一日を、新鮮な気分で元気に生き始めるでしょう。でも、エネルギー・レベルがひどく低下しているならば、できることなら一日中ベッドの中にいたい、と考えるでしょう。

そのエネルギーは、あなたの生命力です。そして、それこそが、あなたのハイアーセルフなのです。それは、異なった肉体の中に何度も、何度も生まれ変わりながら、ほぼ永遠に生きるあなたの一部です。

と同時に、それは、実質的には、あなたの人生内で発生するあらゆるものを創造している、あなたの一部でもあります。ですから、あなたは、自分のハイアーセルフと接触する方法を学び、それとの親密な意思疎通をはかるようになったならば、「どうしてこんなことが起こるんだろう」などと言い続ける人生とはおさらばして、自分から心こら生きたいと願う人生を生きられるようになります。

あなたは、そのハイアーセルフとの意思疎通を、誰の助けを借りなくても行えるようになります。あなたのハイアーセルフは、もしあなたが正しい方法で問いかけたならば、あなたに必ずその答えを返してきてくれるでしょう。

 

あなたのハイアーセルフは、さらに高次のハイアーセルフたちにつながっています。究極的には神、そして全生命につながるのです。

しかし、私たち人間は、アトランテイス時代の3次元への転落(詳細は後述)した時点で、みな自分のハイアーセルフと切り離されてしまいました。

「転落」から時を経て、ハイアーセルフたちとの交信はまばらで遠いものになってしまいました。しかし、ハイアーセルフセルフは、みな私たちの目覚めを待ち続けています。

もう一度自分のハイアーセルフとつながるというのは、チャネリングやそうした性質のものではありません。あなたの本質とスピリットが、再びそれ自身と結びつくことなのです。より正確に言えば、思い出すということです。「Re-membering」すなわちスピリッドのさまざまなメンバーを再び元通り一つに、呼び戻すことです。その状態を「魂(ソウル)」と呼ぶ人もいます。

ハイアーセルフにとつながるためには、ハイアーセルフ(高次意識)・ミドルセルフ(潜在意識)・ロウアーセルフ(低次自己)またはグラウデイング(接地)を理解しなければなりません。ここで一番重要なのは、人は「着地」つまりロウアーセルフとつながってからでなければ、ハイアーセルフとつながることはできないという認識が必要になります。

                     <<つづく>>