あなたのオーラを観る~(透視術)

私たちのオーラは、私たちが考えたり、感じたりすることにしたがって、常に変化をしています。ほとんどの人たちは、意図してオーラを見ることができないようです。でも、オーラを見ることは、本当に望むなら、誰にでもできることなのです。

 

ある日のこと。ブラッと訪ねてきた友だちを見るなり、私は思わず声を上げてしまいました。

「すごいじゃない。そのオーラ!とってもきれい!」

それは、私ができればいつでも見ていたいと思う。華麗この上ないオーラだったのです。彼女がそんなオーラを発していたのは当然のことでした。なぜならば、その友だちは、ほんの少し前に相思相愛のボーイフレンドからプロポーズされたばかりだったのです。

それはまさしく愛のオーラでした。美しく澄みきった薄バラ色とピーチ色(私はこれらを愛の色と呼んでいます)が混ざり合い、その周囲を青緑と濃い黄緑(豊かさ、および新しい物事を人生の中に引き入れる能力の現れ)が舞い踊っていたのです。

オーラを見ているとき、私は天国の光を見ているような気分になります。それは、人々がふだん目にしているどんな色よりもはるかに鮮やかで明るい輝きを放ちながら、常に生き生きと動き続けています。

 

オーラの色と感情の例

★黄色のオーラ

もしあなたが何かについて考え始めたとしたら、あなたの頭の周囲のオーラが  黄色へと変化します。

★青色のオーラ

何らかの超常的な情報を受け取り始めたとしたら、そのオーラが明るいガラスの炎のような青色に変わり始めます。

★オレンジ色

あなたが情熱的になったり、性的な刺激を感じたりしたときには、あなたの肉体に近い部分のオーラが、赤みがかった濃いオレンジ色に変わります。

★ダークブルーのオーラ

あなたが何かでひどく落ち込んでいるときには、あなたのオーラの頭の部分がダークブルーに変わっています。それはまさしく、あなたの上の部分に覆いかぶさった暗雲そのもです。

★バラ色・ピーチ色のオーラ

あなたが愛を感じると、あなたの周囲の生命エネルギー(オーラ)は、バラ色や ピーチ色などのピンク系統の色に変化します。

★真っ赤なオーラ

あなたが強い怒りを感じたとしたら、その瞬間に、あなたのオーラ内を真っ赤な閃光が貫くことになるでしょう。

 

人間のほとんどの人が生まれついての「クレアボヤンス(透視能力者)」です。ほとんどの人は、それに気づかないでいるだけなのです。クレアボヤンス(透視)とは、エネルギーを見る能力です。もっと正確に言うならば、エネルギーの中にあるイメージ、絵、色などを見る能力です。

  • あなたはこれまで、一般的な視覚を用いないで何かを見たことがないでしょうか?
  • 人間の肉体を取り囲む明るい光を見たことはどうでしょう?
  • 夜ベッドに入り目を閉じると、色んなイメージが見えたきたりはしませんか?
  • 色の付いた夢を見たことはありませんか?
  • 目を閉じたときに知人の姿が浮かんできたり、過去の出来事が映像として再生されたりすることはありませんか?

これらのうちのどれかを体験したことがあるとしたら、あなたはクレアボヤンス(透視者)です。そして、おそらく無意識のうちに、その能力を通じて超常的な情報を受け取り、それを利用しています。

クレアボヤンスは、「見えないものを見る能力」を意味するフランス語です。ちなみに、クレアは「鮮明に」という意味で、ボヤンスは「見る」という意味です。あなたは、オーラを見ているときに、まさに「見えないもの」すなわち「生命エネルギー」を見ているのです。

オーラを見ることは、単純に、自分自身にそうする許可を与えるか与えないかだけの問題です。

          <<自分にオーラを見る許可を与える方法>>