オーラが輝いて、「幸せの連鎖」が始まる

ヒーリングプラクテイスによって、あなたのオーラが輝き始めます。この「あなたのオーラが輝く」ところから、あなたの人生にもたらす「幸せの連鎖」が始まります。

さて、この「オーラ」という言葉ですが、最近ではよく耳にするようになりました。よく「あの人にオーラがある」という表現の使い方をします。そういう人は、オーラというものが実際には見えていないにもかかわらず、そこに漂うオーラを感じることはできているのです。

たとえば、愛は目には見えません。でも、確かに、愛は「そこにある」と感じることができるのです。

オーラは、愛に似ています。

誰もが「そこにある」と感じることはできるのですが、目にすることはできないのです。でも、オーラを見える人もいますし、プラクテイス(訓練)により見えるようにもなります。

では、「オーラ」とは、何でしょう?

オーラ(Aura)とは、ラテン語で「光」や「内なる光」を表します。つまり、オーラとは「内なる光のエネルギー」なのです。私たち人間だけでなく、植物や動物、すべての生きとし生きるものが、オーラを放っているのです。

私たち人間のオーラについて、実際にどういうものかというと、人間の体は、物質的な肉体と
「サトル・ボデイ(微細体)」と呼ばれる目には見えないエネルギー体によって成り立っているのですが、この目には見えない「サトル・ボデイ」こそが、オーラの正体です。

オーラというと、体全体を包み込むように、もやもやと漂っているものをイメージされる方も多いですが、実際には、オーラとは一枚の層ではなく、何層にも重なって形成されているものです。
サトル・ボデイには、体の表面に近い領域から大きく分けると、「エーテル体」、「アトラス体」、
「メンタル体」、「コーザル体」と四つあり、その四つのサトル・ボデイによって、私たちのオーラは構成されています。

この何層ものエネルギー体によって構成されているオーラには、よくいわれているように色があります。ただし、その色は、天気のようにころころと変わるものです。
たとえば、あなたの気分が落ち込んでいたり疲れたりしているときのオーラは、グレーがかった暗いもにになります。一方、あなたが幸せを感じているときや、気分がいいときのオーラは、白くきらきらと輝いています。

オーラは、私たちの感情や思考とつなっがているのです。

オーラは、内なる光のエネルギーであり、その人の内面から放たれるものなので、その時々の感情や思考といった心の動きによって、その色は変化するのです。

ただし、オーラには人によって変わらない部分もあります。
それが「魂のオーラ」です。

魂のオーラとは、あなたの本質、つまり、あなたがこの世で果たすべき使命、あなたという人間の特性や才能、天職、生き方といったものとつなっがっています。「本質のオーラ」とも呼びます。

人はこの世に使命を持って生まれてくると言われています。だから、魂の色、魂のオーラの色は変わらないのです。たとえば、赤い魂のオーラを持つ人は、体力勝負の活動家で政治家や格闘家などこの世の中を具体的に動かす職業に向いています。一方、青い魂のオーラを持つ人は、論理的に真理を探究するタイプで、学者や教師、専門家などの職業に向いているといえます。

ただし、魂のオーラの色は変わりませんが、その輝きは変化します。あなたがあなたの魂の赴くままに生きているのであれば、あなたの魂のオーラは美しく光り輝いていることでしょう。しかし、あなたが魂の赴くままに生きることをしないでいると、魂のオーラは陰ってしまいます。
これは、偽りのマントをかぶって生きているようなものです。すべての可能性や人生の良い側面に、蓋をして生きているようなものです。

現代に生きる、ほとんどすべての人の魂のオーラは、本来の輝きを失っていると言ってもいいでしょう。

では、魂のオーラに本来の輝きを取り戻してやるためにはどうすればよいのでしょうか?

それは、あなたがあなた自身を愛し大切にすることです。あなたが自分自身を愛し、心の奥底から癒されることで、あなたを悩ませていた周囲の取るに足らない雑音から解放され、あなたは、「内なる魂の声」を聴くことができるようになるのです。

内なる魂の声に耳を傾けたら、どうぞその声に従ってください。あなたがこの世に生まれてきた使命を全うするべく、毎日を幸せに生きてください。自分の声を聞いてくれた魂は、そのとき再びその輝きを取り戻します。そうすれば、よりいっそう、あなたの人生は幸せに満ちたものになっていきます。

これこそが、あなたにもたらす「幸運の連鎖」が始まるのです。