愛はこの宇宙内で最強のエネルギー(カルマの解消)

現在この惑星に住んでいる人たちのほとんどは、500あるいは600以上の前世を持つ人さえ少なくありません。私たちは、それらの生涯を通じて本当にさまざまなことを行い、さまざまな生き方をしてきたのです。

とはいえ、自分の影の側面を見ることが好きな人は一人もいません。あなたの内なる影は、あなたの闇の部分であり、あなたが過去のどこかの生涯で行った、愛と思いやりを欠いた、邪悪な、あるいは身勝手な行為の名残です。

私たちのほぼ誰もが、前世のどこかでひどく誤ったことを行い、その種の行ないに出る性質を、内なる影として持ち越してきているのです。その影には、嫉妬心や妬みなどが含まれていることもあります。

そして、私たちの誰もが、自分の内なる影に、いつかは直面しなくてはなりません。あなたの内なる影は、あなたが誠意を失いそうになったときに、強く自己主張してきます。そして、自分が何か誤ったことを行ったとき、私たちは、少なくともどこかで気づき、非応なしに自分の内なる影の存在を認識することになります。

これらを私たちが前世から持ち越してきた、私たちの自身の闇の側面として理解しています。あなたの内なる影は、あなたが直視することのできない、あるいは、基本的には見ないことを選択している、あなたの一部なのです。

イエスや仏陀をはじめとしする聖者たちは、彼らの影を自己をほぼ完璧に放出することのできた人たちでした。そして私たちも、彼らほど完璧にはできないにしても、彼らと同じようにして、自分の「影の自己」のかなりの部分を放出することができます。自分の「真の性質潜在意識)」との接触を試みることによってです。

あなたは、あなたの「真の性質(潜在意識)」を、悟りへと続く、ある種の瞑想的気づきを通じて発見することができます。

悟りとは、正しい波動の中に存在するこであり、そのとき、あなたの心はまさしく「無」の状態にあり、あなたは「活動する宇宙の霊」そのものになっています。そのとき、あなたは「風」を感じません。あなた自身が「風」であるからです。さらにそのとき、あなたは「光」そのものであり、そのために、あなたの内なる闇は跡形もなく消え去っています。

私たちがその状態になるのに、少しだけ時間がかかるかも知れません。でも、そこに至る過程で、私たちは、内なる「光」を覆っている闇を、少しずつ取り払うことができます。それは、過去に自分が行った過ちを少しずつ許す作業であり、それと引き替えに、自分の愛すべき「真の性質(潜在意識)を次々と発見し、自分を好きになる作業に他なりません。

この、自分を許し、自分をますます好きになるための作業のことを、西洋のクリスチャンたちは「現在にあがない」と呼び、東洋の人たちは「カルマの解消」と呼んでいます。

自分自身を許し、自分の内なる影を放出する過程で、あなたは自分自身に、ますます多くの愛を与えるとともに、自分の愛すべき「真の性質(潜在意識)」をより自然に表現できるようにもなります。

間もなくあなたは、自分の人生が信じがたいほどに、好転していることに気づくでしょう。

なぜならば、「愛」はこの宇宙内で「最強のエネルギー」であるからです。