愛はあらゆるものを「創造」する

愛はあらゆる創造物の源です。愛とは、創造物であるさまざまな宇宙や次元、私たちが住む世界などを実際に形づくっている意識です。

私たちの二次元的な思考で、別の世界を観察すると、常にすべてが3つに見えます。 時間は過去、現在、未来。空間はX軸、Y軸、Z軸。また、私たちに見える大きさは、小宇宙、日常世界、大宇宙です。これを「現実(リアリテイー)の三位一体」と呼びます。

この「現実の三位一体」に当てはまるものはすべて、原子の粒子から巨大な銀河まで、ある力によってまとめあげられています。その力を私たちはさまざまに異なる名で呼び、おのおの別々で無関係なものと見なしています。

原子は原子力によってまとめられ、また惑星と恒星、恒星と恒星重力によって引かれ合い、あたかもそれぞれの力は異なったものであるように見えますが、それらの違いとは、顕在化している次元だけの違いだといえます。

愛は特別な意識の波動で、それが人と人とのあいだにある時には、すべての関係で人どうしを結びつけます。愛はほかの何よりも特別な絆です。

宇宙にあるすべては意識の反映であると考えられます。どんなエネルギーもすべて意識です。それらは電力、磁力、電磁場、熱、動力、原子力など、どんな名前がついていようと、すべて意識の反映です。

そしてこの考えから、「E=mc2」すなわちエネルギーは物質と関係があり、光速の二乗である数字に関係していることが理解できます。したがって物質もまた意識であり、ただ結晶化したにすぎません。このような世界観に立てば、あらゆるものが意識です。意識は外なる世界の物質を映し出す「光」であり、一呼吸ごとに外なる世界の全体を創造しているのです。

夢やビジョン、感覚や感情、性エネルギーやクンダリーニ、さらに外なる現実に対する解釈などは、みな意識の内なる世界ですが、それらはあらゆる物質の源であり、その物質がどのように「E=mc2」に沿って編成されるかを決めています。そしてこの等式を結びつけているものが「愛」なのです。「愛」とは、まさしく物質が反応する波動です。私たちには偉大な創造の力がそなわっています。忘れてしまったものを、今こそ思い出す時が来ているのです。

マカバ(Mer-Ka-Ba)が、生き続けるために愛が必要だというのは、こうした理由によります。愛がなければマカバは正気を失い、すぐに死んでしまいます。女性性の要素が愛の中に存在して男性性とのバランスをとらないことには、生命は存在し得ないのです。

愛は、水をワインに変えることができます。愛は、人を死から甦らせます。愛は、あなた自身を癒し、人々を癒します。この世界を癒せるのは「愛」だけです。したがって愛を語らずにヒーリングを語っても、真実ではありません。医療では一定のことまでしかできません。しかし愛をもってすれば、すべてが可能になります。愛があれば、不治の病さえ「光」以外の何ものでもなく、体内の原子が完全に健康な状態に再形成されうるのです。なぜなら混沌(カオス)の中から物質を秩序立てて結びつけるのは「愛」だかで、愛がなければずっと混沌のままでしょう。

癒しが起きるのは、そこに愛がある時だけです。