宇宙意識の扉を開く鍵【第四の鍵】

今日のブログランキングは何位かな?↓ ↓
               人気ブログランキングへ

宇宙意識の扉を開く鍵【第四の鍵】

【第四の鍵】不動心

下の三つの鍵と上の三つの鍵では存在の時間が違うために、新しい世界を歩くための靴が必要になるのです

その靴の名前は「目覚めた意識(Awareness)」です

そしてそれを作っていくのが【第四の鍵】です

そのもっとも効果的なやり方が、座禅と作務に代表される禅のレッスンです

日本ではこの「覚醒めた意識」を養うため、禅を元にした様々なテクニックが公案されてきました

たとえば「茶道」

すべての雑念を取り払い、ただ一杯のお茶をいただく

ただ、今ここであたりまえにお茶を飲む

簡単そうで難しい、このシンプルな行為を極めるためには「覚醒めた意識」が必要となるのです

座禅とは呼吸だけに意識して座るという、茶の湯の道よりさらにシンプルな技法です

「いまここ」に留意するための落ち着きを、充分に培っていきます

それを「静中の工夫」といいます

一方、作務とは仕事や雑用などの全てを指します

行動の真っただ中で「いまここ」にある、動かぬ自己に気づいている状態です

行動の真っただ中で「いまここ」にある、動かぬ自己に気づいている状態です

それを「動中の工夫」といい、さらに高度な技術です

座禅も作務も苦行ではありません

無意識な行動パターンに意識を持ち込むためのレッスンであり、深刻さや長時間にわたる我慢や忍耐とは何の関係もありません

気づきに基づいた、新しい何の関係もありません

気づきに基づいた、新しい生活習慣のようなものです

さて、もし下部の三つの鍵をを飛び越して「自立」のないままに四つ目の鍵に入ったらどうなるでしょう

もし「依存」のレベルのままに四つ目の鍵である修行に入ったとしたら、そこにはどんなことが起こりうるのでしょう

例えばこんなことが起きるでしょう

「私を見ろ!私は実に二十年もの間、瞑想修行をしてきた魂だ」

そんな風に、精神の道を歩むための修行を勲章にして、自分の偉大さを証明するための道具にしてしまうでしょう

社会的地位や物で飾るのも、精神的経験で自分を飾るのも同じレベルの過ちです

またある人の場合は、
「この神秘体験はこの導師がいてくれたおかげだ。私はこの人に命を預けよう」

などと言って、おかしな世界にはまりこんでいってしまうのです

このような状態を「修行による魔境」と呼んでいます

現代社会に見え隠れする精神世界ブームの落とし穴がここにあります

誰かが指摘しなければなりません

もっと大きな警鐘を鳴らさなくてはいけません