光の筒 アンタカラナ

「アンタカラナ」は、通常肉眼では見えないが、それは私たちの肉体が存在するための核とも呼べるものである。

今日のブログランキングは何位かな?↓ ↓
               人気ブログランキングへ

「アンタカラナ」は、聖なるオーバーセルフ(大いなる自己)の領域である高次の次元で生まれたもので、この「光の筒」があるからこそ、私たちの肉体は第三次元において形として存在し得る。

JpgFile41

 

「アンタカラナ」は、第8・第9チャクラの、互いに絡まりあう「光のピラミッド」を通って降りてくる。この「ソウル・スター(魂の星)」は、通常、頭の上15センチメートルほどのところにあって、聖なるオーバーセルフの超意識エネルギーと肉体を結ぶ、言ってみれば異次元リンクである。

「アンタカラナ」」の光の筒は、クラウン・チャクラから肉体に入り、身体の中心を通って会陰から外に出て、(意識的に地球の中心に向かって送り込まれたのでなければ)、足の裏のすぐ下にある「アース・スター(地の星)」で消える。光の筒は物質的な形を持っていないが、肉体の脊柱と対をなしている。

私たちが、「アンタカラナ」」と高位のチャクラの意識について瞑想をすると、オーバーセルフとの繋がりが強くなる。また、呼吸を用いて、意識的に頭のてっぺんにあるクラウン・チャクラ(ピンドウ)からエネルギーを出し入れしたり、背骨に沿って上下に動かしたりしても同様に、オーバーセルフとの繋がりを強くすることができる。

肉体(マインド)の波動が、第12から第8のチャクラを通ってやってくるエネルギーに周波数を合わせ同調(チャネリング)することができると、意識と肉体は超意識的真実を経験することができる。

 

>>サウンドセラピスト:加藤けい子をグーグルで検索すると・・・

>>また、「天使の朗読」で検索して見てください

>>ヘミシンクCDを使っての瞑想<<

ミネラル・ウオータースィーツ・チョコ・ケーキヒーリングCD禁煙~電子タバコ