「光」のエネルギーを強く感じるために

今日のブログランキングは何位かな?↓ ↓
               人気ブログランキングへ

「光」のエネルギーの使い方を覚えるのは難しいことではないし、その技術を身につけるのは、肉体を鍛錬したり調整したりすることと似ていると言ってよいと思います。

筋肉は鍛えなければ弱い。弱い筋肉を鍛えれば強くなる。

「エネルギーを感じることができない」と言う人がたくさんいるのは、不思議ではない。
その方法を教わったことも、訓練の方法もだれも教えてくれなかっただけだからです。

今日は、かなり抽象的でわかりにくい訓練方法について記載しますが順番により具体的に話を進めて行きますので、まずはイメージあるいは直観で感じていただければ大丈夫です。

この方法を学ぶことにより、脊柱とアンタカラナを通して「エネルギー巡回」を起こす訓練を始めると、間もなく、身体中の目に見えないエネルギーのシステムが活性化し強化されることでしょう。
 JpgFile11

呼吸法と創造的なビュジアライゼーションを用いることによって、脊柱のエネルギーの流れ、チャクラ、様々な目に見えない、エネルギーの経路が刺激される。脊柱は生命力エネルギーの経路である。ヨガにおける霊的な変容はすべて、脊柱を流れるエネルギーを増すことによって起きる。

脊柱には生命力エネルギーの経路が三つある。中央神経経路と、それに平行に走る二つの空の経路である。

このうち右側の物はピンカラと呼ばれ、男性的で電気的な生命力エネルギーを脊柱に沿って下に降ろす。

左側の経路、イダは、女性的で電磁的な生命力エネルギーであるシャクニテイ・クンダリーニを上に送る。これら二つのエネルギーは中央神経経路シャスムで絡み合って超電導状態を作り出す。覚醒と呼ばれるものである

JpgFile21

息は常に鼻から吸うこと。「循環」を完結させるために、舌の先は常に顎につけておくこと。霊の光がクラウンチャクラから体内に入り、脊柱を通って「下の大釜」(骨盤腔、第一、第二、第三チャクラ)へと降りていく様子を思い描き、それを感じながら息を吸う。吸いながら、ルート・ロックを行う。ルート・ロックがかかった状態でちょっとの間、息を留める。エネルギーを「下の大釜」に留めて、それをしばらくの間「調理」する。

霊的エネルギーが「下の大釜」から脊柱を通ってクラウンチャクラとブラウスチャクラへと上昇し、チャクラを活性化させ、眠っている脳細胞を目覚めさせるところを思い描き、それを感じながら、息を吐き、ルート・ロックを解除する。

このエネルギー循環のエクササイズをしながら、「ハム・サー」とマントラを唱えても良い。

このマントラを行うには、息を吸い、頭の中で「ハム」という音を唱えながら、意識をブラウスチャクラ、クラウンチャクラ、またはビンドウに集中させる。生命力エネルギーを上位のチャクラから招き入れ、脊柱を通して降ろしていき、「下の大釜」に入れる。息を止め次に、息を吐きながら、エネルギーを脊柱を通って上昇させる。ことき頭の中で「サー」と唱える    

 JpgFile31

霊的な光はクラウンチャクラを通って体内に入り、脊柱を通って「下の大釜」に届き、そこでちょっとの間「調理」される。エネルギーが脊柱を上方に向かい解放されると、エネルギーはハートチャクラに送られそれから腕を通って手から放出される。

この間意識は、ヒーリング・エネルギーを送りだす。
あるいはオーラを形成する、という概念に集中させておく。

これは非常に効果的なテクニックである。   

 

 

 

ミネラル・ウオータースィーツ・チョコ・ケーキヒーリングCD禁煙~電子タバコ