光の世界に逝った、父(2005年物故)からのメッセージ 

今日のブログランキングは何位かな?↓ ↓
               人気ブログランキングへ

光の世界に逝った、父(2005年物故)からのメッセージを、高次元チャネラーの「エンジェルハート(むっぴー)さんからメッセージを降ろしていただきました。

2005年7月当時まだ、メガバンクの銀行員だった時父危篤の報

を受け仕事を中断し故郷である宮城県気仙沼市にある入院先の

病院に駆け付けた。

肺炎をこじらせ、既に人工呼吸器で父の意識は無かったが、

何とか容態を持ち直し、母親と妹との交代の付き添いを1週間をして

一旦名古屋に戻り、通常業務に戻った。

※名古屋から気仙沼市まで、東海道新幹線と東北新幹線そして
  ローカル線を使って、片道7時間から8時間。
  自動車で高速を飛ばして12時間掛る。

そして、1カ月半後の8月27日に再度の危篤の報。

名古屋→東京→一ノ関まで着いたが、弟から「間に合わなかった」

「兄貴が到着するまで頑張れなかったごめん」と連絡が入った。

一ノ関から気仙沼までの高速バスの中で、一人すすり泣いた。

長男にも関わらず、田舎の風習に逆らい名古屋の地への就職

両親の反対を押し切っての結婚、そして破局・・・

色々な想いが、親父の死に目に会えなくなった親不孝者の
自分を嘆いた。

それ以来、ずっとあの世へ旅立つ前に親父と一言も
言葉を交わせなかった自分が気になっていた。

今年のお盆、この世を去った親父は「霊界」ではなく「光の世界」に

旅立ったのだと言う確信が持てるようになって初めて、

高次元チャネラーのエンジェルハート(むっぴーさん)に、亡き父

(亨年79歳の畠山倉次郎)から「光の世界からのメッセージ」を

チャネリングしていただくことをお願いした。

もちろんむっぴーさんを護ってくれている高次元の存在の方と、

と僕自身を護ってくれている大いなる存在に

確認をしていただいたうえで。

今回は、そのチャネリングメッセージをご紹介させていただきたいと思います。

僕自身の進むべき道、進んでいる道に確信を持てる事ができたから、

皆さまにも何か少しでもご参考になれば幸いです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

光のメッセージ 故:畠山 倉次郎    2011.08.12 

          チャネラー:エンジェルハート(むっぴー)

おまえが信じた道を、そのまま真っ直ぐに歩いて行け。
誰かの悪口や噂話などに耳を傾けずに、おまえはおまえが信じた道を
ただひたすら歩いて行くがよい。

信じた道を歩いて行くと、やがてそこには燦々(さんさん)と輝く
希望の光が見えるだろう。
信じて歩き続けた者にだけ見える希望の光だ。

上から見ておると色々な事が解ってくる。醜い争いや見るに
堪えがたい競争心や嫉妬心そんなのはどうでも良い事だ。

晃、一番大切な事は何か解るか?

おまえがあの時、家を飛び出した時、父さんは全ての事が解り、
全ての事を知ってたよ。

そして外の世界へ行って様々な経験をして、自分の実になる事も
良く解っておった。

己が決めた事だから、最後まで貫き通せ。
そして悔いが残らない様に、ひたすら自分が信じた道をただ
真っ直ぐに歩いて行け。

父さんは、晃に何もしてやれなかったなと思っている。

母さんに色々言われて、尻叩かれて追いかけ回されとったなあ。
良く覚えてるよ。

でも母さんは、晃の事を人一倍心配していたから、母さんの
愛情表現なんだよ。

何も心配せんで良い。

ここに来ると下の世界であれこれ悩んでたり、苦しかった事が
どうでもよくなってしまう。

父さんはそんなに悩まなかったが、それでも生きて
いるうちは色々な、悩みがあってな

今も肉体は無いが生きているがな、あの時に悩んだり苦しんだり
辛かった記憶も思い出もみんな父さんの中では大切な思い出で
宝物なんだよ。

だから、晃おまえがぐずぐずしておったり、悩んでおったりする事が、
見てて歯がゆくもなる。今と言う時は二度と戻って来ないのだから、
今与えられている時間を一分一秒を

無駄にする事なく大切にしてほしい。

何をぐずぐずして、悩んでいるんだ。

そんなもん、こっちから捨ててしまえ。

母さんに心配かけんで、おまえはお前らしくそのままで良い。

今日は、呼んでくれてありがとう。またな・・・。

【追伸】父さんが付けた名前「晃」の名前。

    日に光と書いて「晃(こう)」。

    なっ、いい名前だろ・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 高次元チャネラー:エンジェルハート(むっぴーさん)