主宰:畠山晃プロフィール

エンゼルハウスin Nagoya主宰者

1955年、宮城県気仙沼市生まれ。母親の実家(現在の南三陸町)に里帰りした5歳の時に、三陸海岸でチリ地震大津波に遭遇、背後から押し寄せる巨大津波から奇跡的に逃れた経験を持つ。

1979年、福島大学経済学部を卒業後、東海銀行に入行。融資係(住宅ローン、一般消費者ローン)を皮切りに、事務管理システムの開発や外国為替システム担当、外貨預金・外貨貸付(インパクトローン)のオンライン化を担当。

1989年にはシステム開発部の調査役となる。同部では銀行システム第3次オンライン開発チームに所属、担保自動評価システムや電子稟議システムなどの開発に従事。IBM社と共同でRDB(リレーショナルデータベース)の導入を推進する。
その後、三和銀行との合併プロジェクトチームに配属、

2002年にUFJ銀行が誕生すると同時に事務企画部事務改革班調査役となる。

2006年の大合併で三菱東京UFJ銀行が発足したのを見届けるかのように、翌2007年に同行を退職。その後、本格的に精神世界を学び始めたことで、この世における光の世界と闇の世界の存在を知る。ボイスヒーリングによる前世療法によってカルマを除去、チャクラ開花とほぼ同時に自らレイキ・ヒーラーの力に目覚め、以来、数々の神秘体験を経験。癒しの手エネルギーを実感し「神気功」ヒーリングを開眼。神聖幾何学、神秘学、哲学、脳生理学、量子力学などを研究し続け、

2009年、闇を照らす光の存在になることをテーマとしたヒーリングサロン「エンゼルハウスinNagoya」を名古屋市内に開設した。

2014年 5月ヒカルランド社より初本元メガバンク管理職が語る 精神世界ゼロからのすごい覚醒 ありがたき宇宙の10倍返し
発刊

2015年7月ダイヤモンド社よりメガバンク管理職だった僕が気づいた お金と宇宙の不思議な法則  発刊

      >>詳細はこちらから<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL